レシピ紹介

  1. 宏昌食糧研究所 トップページ
  2. レシピ紹介
  3. なすの塩漬(長期保存漬)

なすの塩漬(長期保存漬)

塩分20% 常温保存1~2年

保存が目的の漬け方です。
このままでは食べられません。
塩抜きをしてから金山寺味噌
などに加工して利用します。

※長期保存漬用の塩は
「なすを色よく漬ける塩」1袋と
食塩400gを混ぜて使います。

材料・道具
・なす・・・・・・・4キロ
・長期保存漬用塩
 下漬用に400g(10%)
 本漬用に400g(10%)
 合わせて800g(20%)

  1. なす選び

    種が大きくない小ぶりで
    新鮮ななすを使います
    ヘタは取らないこと

  2. ここがポイント!
    塩をすり込む事!

    塩をすり込む事!

    下漬(1)なすはヘタつきのまま
       下漬用の長期保存漬用塩を
       丁寧にすり込みタルに並べる

  3. 下漬(2)すり込んで残った塩を
       上から振りまき、押しぶたと
       重石(20キロ)をし
       一週間下漬する

  4. 本漬(1)下漬したなすをザル
       にあげて水を捨てる
    (白い膜(酸膜酵母)が浮いて
     いたら手早く水ですすぐ)

  5. 本漬(2)タルにポリ袋をセットし
       本漬用の長期保存漬用塩
       を振り入れながら漬けこむ

  6. 本漬(3)ポリ袋の口をたたみ
       押しぶたと重石(20キロ)
       をする

  7. 本漬(4)たっぷり水が上がって
       きたら、押しぶたより
       10センチ程上まで水
       を残して後は捨てる

  8. ここがポイント!

    必ずポリ袋を使う!

    水の表面に浮いている白い膜
    (酸膜酵母)はどんどん繁殖
    しポリ袋の外は汚くなりますが
    ポリ袋の中は大丈夫です
    本漬では必ずポリ袋の口を
    縛らずにたたんで使うこと!



株式会社宏昌食糧研究所

  • 宏昌食糧研究所 Facebook

このページのトップヘ